トップ / 小児歯科の色々な工夫

小児歯科のこだわりとは

小児専門の小児歯科では小児用に安全で通いやすい工夫をしてあるところが多いです。中でもほとんどで導入されている、ラバーダム防湿法で歯の治療時に治療する歯以外の口腔内をゴム膜で覆う方法で、小器具や薬品の誤飲を防ぎます。他の歯やほほや舌を傷つけずに安心して治療が出来ます。痛みを怖がる場合には麻酔を用いる事も出来ます。また、小児が通いやすい工夫としては院内をくつろげるような色合いの壁にしたり、治療中に天井にテレビモニターで好きなDVDや番組を見ながら歯科治療を受けれるなどこだわりを持った所が多いです。

歯科 門真市審美、矯正なども実績豊富です。
最新のインプラント治療は勿論、歯をきれいに白くしたい人におすすめの審美治療まで様々な治療を丁寧に行うクリニックです。

歯医者に行く時に情報を伝える

歯医者に行くときに、薬を飲んでいて、その情報を確実に伝えたいときには、サイトから問診票をダウンロードして持参するとよいでしょう。歯科では、サイト上から問診票をダウンロードできるように配慮していたりしますので、自宅で必要情報を記入することができるのです。飲んでいる薬がある時には、お薬手帳を見ながら記入もできますし、体調面や生活習慣について、じっくりと考えながら書き込んでいくこともできます。正しい情報を歯医者に伝えたいときには、ダウンロードの問診票を利用してみましょう。

歯医者なら新座のこちらで安心治療が可能です。
工場気圧滅菌器での処理、使い捨てなど、院内感染の内容徹底しているクリニックだから、安心して治療が受けられます。