トップ / 子どものうちから歯科へ

子供の行き届かない部分を歯科で

生え替わりの子供の歯は、とても小さく綺麗な歯をしています。歯磨きをしても行き届かない部分はあって、その部分を小児歯科で定期的に検査してケアをしてもらうとよく、歯石をとりのぞきフッ素をするだけで歯のコーティングが行き届き安心することができます。ずっと守っていく歯は、寝ている間にも残ったカスが酸化しているのです。小児歯科に行くことを嫌がる子供がいても、医師は上手に口を開けさせてケアする術を知っています。なので親も一緒に子供につきながら歯のケアを3ヶ月に一度してあげるようにするといいでしょう。

なるべく定期的に通いたい歯科

歯科には、歯が痛くなってから、違和感があってから通うという方が多いです。しかも、痛くなっても歯医者さんに削られる、麻酔の注射、音、すべてが嫌だということでなかなか行くことができずにいる方も多いのではないでしょうか。さらに人気のある歯医者さんですと、予約も思うように取れなかったりしがちです。しかし、定期検診を行っていれば大きな虫歯になることもありませんし、治療内容も簡単で住みます。歯科では歯のクリーニングなどを行ってくれますので、予防という意味でも定期的に通うということは非常に重要なことなのです。