トップ / 歯科で歯を抜かない治療

歯科で受けられる根の治療

歯が痛いけど忙しくてなかなか歯科医院に行けないという方も多いのではないでしょうか。しかし、放っておくと簡単な治療では治らないぐらいにひどくなってしまい、神経に到達してしまった場合には根の治療をしなくてはいけない場合もでてきます。そうなると、費用もかかりますし、何度も歯科医院に通わないといけないので余計に時間もかかってしまいます。そこでおすすめなのが、3mix-mp法という治療です。これは歯をできるだけ削らず、3種類の抗菌剤を使う内科的な治療法のことですが、これが根の治療にも効果があると言われています。歯を抜かないと治らないと言われたものでも、この治療法で治る場合があるのです。全ての病巣に効くとは限りませんが、どうしても歯を抜きたくないという方は一度相談してみるといいでしょう。

歯の根っこの治療とは

虫歯が進むと、表面的な治療だけでなく、歯の根の治療を行うことがあります。歯髄炎といって、一般的には歯の神経と呼んでいるところに細菌が入り込むと起こります。一番多いのは、虫歯の菌が入り込むケースです。この場合、歯科では歯の根の治療を行います。まずは、状態によって歯髄の悪いところだけを切るか、歯髄を抜くかします。これはとても痛いので、麻酔を遣ったり、失活剤と呼ばれる薬で歯髄を殺しながら抜いたりします。その後、歯髄がなくなってしまったところに根管充填といって詰め物をします。歯科の治療の中では、確認のためのレントゲン撮影も行いますし、検査も行います。手間のかかる治療です。