トップ / 歯科になる前の研修制度

歯科の研修医義務付け

今までは、歯科医になるには、6年間の大学の課程を修了し、国家試験にパスできれば、そのまま歯医者になれたのですが、現在は大学卒業後に1年間の研修医期間が義務付けられています。大学病院などの総合病院で、研修を受けていきます。それが終わると、晴れて歯科医師として働くことができます。現在は、歯医者の数が過剰になり、大学の歯学部が不人気です。誰でも入れるような時代になってしまったため、国家試験の難易度を上げたり、研修医制度を設けたりして、国は対応をしています。医師と呼ばれる仕事であり、優秀な人材になってもらうために制度が作られています。

イメージと研修医について

歯科医を志す人は、診療を行うために1年以上の臨床研修を受けなければなりません。しかし、2年間の臨床研修制度を行っている歯学部が多いようです。大学を卒業した時点では、実地経験のない人がほとんどでしょう。ですから免許取得後は、経験のある医師の指導で研修医としてはたらき、臨床経験を積むのです。ちなみにドラマや漫画では、医師を主人公にしたものがあります。でも歯医者さんをヒーローのように扱ったものはないみたいです。歯科というのは、世間の人々には医師に比べ地味な印象があるのでしょうか。でも、どちらも大切なお仕事だと思いました。