トップ / 歯科は子供のうちから

子供が好きな歯科なら安心です

苦手な歯科ですが、それを好きな所にするには子供のときから歯の大切さを教えることです。また、定期的に通う事で予防ができることを親子で実践することが大事です。歯の病気の歯周病は、全身に菌がまわり多くお病気を引き起こすと言われています。小さなときから、定期的に歯科に行く習慣をつける事で歯も綺麗なまま保つことができます。また、いくつになっても自分の歯で食事ができることは幸せなことです。それを、子供時代から教えることが親としての責任にもなります。苦手な場所に、させないことが本人にとっては一番のプレゼントになります。

体の不調は歯科にも相談

幼い頃より原因不明の頭痛や吐き気、体の痛みを感じることが多々ありました。ある日、歯の検診の為歯科に訪れると、先生によると私は歯の噛み合わせが悪く、その理由で額関節が磨耗してしまいそこから頭痛や体の痛みが生じるのではないかと説明されました。半信半疑でしたが少しでも改善されるならと思い治療を始めました。内容は簡単で、租借する際顎の負担にならないよう歯を少しだけ削るというものでしたが、それだけの治療で嘘の様に症状が緩和されていきました。症状に心当たりがある方は試しに一度歯科に訪れてみてはいかがでしょうか。