トップ / 歯科で健康な体作りをする

歯科疾患を予防するポイント

歯科疾患の予防には、健康的な生活が何より大切です。最近の研究で、生活習慣病の傾向のある人は歯周病にもなりやすいという結果が出ています。糖尿病の患者は免疫力が落ちるため、細菌やウイルスに感染しやすく、歯周病にかかりやすいのです。また、歯周病が心筋梗塞や肺炎などを引き起こす要因になるということも解明されています。体の健康のために適切な運動や食事を心がけることは、歯の健康にもつながります。いくつになっても元気な人というのは、体だけでなく歯もしっかり残っていることが多いのです。歯科でも定期的な健診を受けましょう。

歯医者 新宿駅ちかクリニックはこちら。
日曜日も13時まで診察しているので、ビジネスマンなど、お忙しい人でも、治療に無理なく通う事ができるクリニックです。

歯科医が見つける乳歯の歯ぎしり

一緒に暮らしている親は、寝るとき子供が歯ぎしりをしていて気がつきますがそのままにしておくことがほとんどです。そして、小児歯科へ検診にいくと医師が子供の歯を診ただけで歯ぎしりをしていると見つけます。乳歯は、大人の歯に生え替わっていませんからまだ弱く歯ぎしりをすることによって大切な部分が欠けてしまうことがあるのです。子供でも歯ぎしりをすると凄い力が加わっているということを歯科医は知っています。けれど、今すぐに対応することはなく生え替わる時期に治ることもあるようで、その時々に対応を考える方がいいというのです。

治療の上手い歯医者を堺市で探すなら、このサイトがオススメです。
口内の総合的な治療を行っています。高度なインプラント治療は、治療実績も豊富です。